塗り替えのタイミング|外壁塗装の有限会社 新栄サービス ~八王子・昭島・立川・日野~

塗り替えのタイミング

外壁塗装に最適なタイミングは?

外壁塗装はいつ行えばいいのか? 
これは、お客様からよくいただくご質問です。一般的に「10年に一度」と言われますが、これはあくまで目安とお考えください。塗り替えのタイミング=塗装の劣化状況は、使っている塗料はもちろん、日当たりや外壁の素材・部位などによって異なるからです。

そのため、適切なタイミングを見極めるには、実際に外壁の状態をチェックするのが一番の方法です。まずはお宅の外壁に気になる症状はないかどうかを、ご自身でチェックしてみてください。

“外壁塗装チェックポイント

  • ツヤがなくなっている
  • 変色・色あせが起きている
  • 手で触ると白い粉がつく(チョーキング現象)
  • ひび割れが起きている(クラック)
  • カビやコケ・藻が発生している
  • 塗膜が剥がれている

外壁塗装は通常、左記のような内容で上から順番に劣化が進んでいきます。

ツヤがなくなる程度であれば、まだ塗り替えは必要ありませんが、塗装が剥がれている部分などがある場合は、危険信号と考えていいでしょう。

どこまでいったら塗り替えをすべき?

“家を守る”という役割から考えるのであれば、「チョーキング現象」や「クラック」などが起こったら塗り替えが必要、と考えておくといいでしょう。

その時点で塗り替えを行えば、建物内部への浸水や腐食を防ぐことができ、住まい自体を長持ちさせることができます。

塗膜が剥がれるまで放置してしまったら・・・?

もしも塗膜が剥がれるまで劣化を放っておくと、雨漏りや建物の強度低下など、大きなトラブルに発展してしまうこともあります。

そうなると修繕など余計な作業が必要になり、費用も高額になってしまいます。塗膜が剥がれる前に対処するのが一番ですが、万が一剥がれている箇所を発見したら早急な対処が必要ですので、なるべくお早めにご相談ください。

お見積もりは無料!お気軽にご相談を
昭島市を中心にあきる野市、福生、立川市、日野市などで外壁や屋根の塗り替えを行う新栄サービスでは、現地調査およびお見積もりを無料にて行っています。外壁で気になるところやご自身では判断のつかないところなどがありましたら、お気軽にご相談ください。プロの目でチェックし、適正価格にてお見積もりをご提示します。他社様との相見積もりも歓迎です。

三多摩地区の外壁・屋根塗装なら有限会社 新栄サービス 無料見積もり・お問い合わせはこちら

ページの上部へ
Copyright © 八王子・昭島・立川・日野の外壁塗装【有限会社 新栄サービス】 All Rights Reserved.